【クイーン賞】2番人気アイアンテーラーが重賞初制覇 1番人気プリンシアコメータは10着

2018年12月12日 21時25分

重賞初制覇を飾ったアイアンテーラー

 12日、千葉・船橋競馬場で行われた交流GIII第64回クイーン賞(ダート1800メートル)は浜中俊騎乗の2番人気JRAアイアンテーラー(牝4・飯田雄)が逃げ切り、2度目の挑戦で重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分52秒7。

 浜中は「逃げたいと思っていたし、いい感じで道中は運べた。持ち味のしぶとさを存分に発揮してくれたし、これから牝馬路線で活躍してくれると思う」と振り返った。

 

★2着サルサディオーネ(JRA)=丸山騎手「自分の型じゃなかったし、少し馬場を気にしていた。左回りの牝馬限定戦ならチャンスはある」

★3着オルキスリアン(船橋)=今野忠騎手「斤量差もあるが、道中力まず走ってくれた。船橋は合う」

★4着ハービンマオ(JRA)=松岡騎手「ペースが速くて前が止まらない競馬。流れが向かなかった」

★10着プリンシアコメータ(JRA)=C・デムーロ騎手「馬場を気にしていたし、少し太かった(18キロ増)。向正面で止まった」