【天皇賞・秋】サクラアンプルール 主戦・田辺復帰で巻き返す

2018年10月23日 21時30分

7歳ながら元気いっぱいのサクラアンプルール

【天皇賞・秋(日曜=28日、東京芝2000メートル)dodo馬券】日曜の東京競馬場では第158回天皇賞・秋が行われる。ワグネリアンの回避で3世代ダービー馬対決は幻となったが、残るダービー馬2頭(レイデオロ、マカヒキ)を中心に粒揃いの好メンバーとなった。ただ、キタサンブラック引退後の古馬中長距離路線は確たる主役不在だけに、伏兵陣にもチャンス十分。当欄は昨年8着に終わったサクラアンプルールの巻き返しの可能性に着目した。

 昨年は札幌記念を制した勢いに乗って挑んだ天皇賞・秋の舞台。しかし、当日の勝ち時計は2分08秒3という異常な不良馬場(キタサンブラック優勝)。悪馬場が決して得意ではないサクラアンプルールにとっては最悪だった。「良馬場ならもっとやれていた」との金成調教師の言葉はもっともだが、のめりながらも大きく失速することなく走り切った姿に、一線級との力差はさほどないことは確認できた。

 さすがに歴史的な不良馬場が2年続くことはあるまい。良好な馬場(天気予報を見る限り問題なし?)で行われれば巻き返しは必至だ。

 2018年シーズンは4→3→2→6着と勝ち星なし。衰えも否定できない年齢(7歳)となればパフォーマンス低下も懸念されるが…。中山記念はかなりのハイレベルメンバー、日経賞は距離適性外、函館記念はトップハンデとそれぞれに敗因はある。それでいて着差はすべて0秒4以内でもあるのだ。

 サングレーザー、マカヒキに敗れた前走の札幌記念にしても、主戦・田辺負傷で急きょの乗り替わり。その影響か、「後ろの馬に有利な流れになってしまった」と同師。速めの流れの中、先に抜け出してしまった分、踏ん張りを欠いたものだ。「年齢的な衰えはないし、状態的にも札幌記念を勝って天皇賞に向かった昨年と遜色ない」。能力、状態ともに高いレベルで維持できているなら心配はあるまい。

 18日の1週前追い切りは田辺を背に豪快な伸び脚を披露(南ウッド5ハロン66・7―12・5秒)。もともとが「完成は先」と言われてきた晩成型で、今が最盛期とも思える。先着された併走馬に騎乗していた加山助手は「とにかく並んでからかわす時の脚が速かったね。いい動きだった」と評価する。その稽古では「使える脚があまり長くない」(田辺)という弱みも出たようだが「そのあたりはジョッキーがつかんでくれている。それを踏まえた作戦を考えているみたい」と同助手。

 4度目の騎乗となる鞍上がきっちり持ち味を引き出してくれればGI馬撃破もあっていい。