藤田菜七子が通算31勝クリアでGI騎乗可能に

2018年06月17日 11時40分

笑顔で引き揚げてきた菜七子

 人気女性ジョッキー・藤田菜七子(20=根本)が17日、東京競馬3R(3歳未勝利戦、ダート1600メートル)で3番人気ベルクカッツェに騎乗して勝利。前日に続いての1着で今年のJRA9勝目を挙げた。

 この勝利でJRA通算29勝、JRA所属馬での地方競馬の勝利を合わせて通算31勝とし、GI騎乗条件をクリアした。

 前日(16日)の東京競馬で1勝を挙げてリーチをかけ「次の1勝を早めにできるように」と話していたが、連日の勝利で一気に決めてみせた。

 菜七子は「(31勝は)私自身はそれほど気にしていなかった。そんなに甘い世界ではないけど、乗せていただけるようにこれから技術を上げていかなければ」とステップアップを誓った。

 これで、自身が今年の目標に挙げていた今秋のGIレース騎乗も可能となり、実現すればJRAの日本人女性騎手としては初の快挙となる。果たして菜七子の“GⅠデビュー”はどのレースになるのか――。秋競馬の大きな話題となりそうだ。