【日本ダービー】競馬界の女神・稲富菜穂がサートゥルナーリアの辻野泰之助手を直撃!

2019年05月14日 14時44分

【日本ダービー(日曜=26日、東京芝2400メートル)稲富菜穂のだいじょばないWeb編】いつもはその週の重賞レースの出走馬インタビューをお届けする当欄だが、今回は「ダービースペシャル」と題して26日に行われる競馬の祭典・日本ダービーの主役を務めるサートゥルナーリアの様子をいち早くお見せする。 ナビゲーターは競馬界の女神・稲富菜穂。

 無敗で皐月賞を制した後は、トレセン近郊のノーザンファームしがらきに短期放牧。5月3日に栗東トレセンへと戻ってきたサートゥルナーリア。撮影日に行われた2週前追い切りでも軽快な動きを見せて、順調な仕上がりをアピール。ルメール騎手がNHKマイルCで騎乗停止になったため、今回はレーン騎手に乗り替わりとなるが、「操縦性の高い馬なので問題はないと思います」と辻野泰之助手。

 兄エピファネイア(2着)とリオンディーズ(5着)が敗れたダービーでの悲願達成という期待が弟には大きくのしかかるが、そんな周囲の期待もそ知らぬ顔。相変わらず馬房の中ではのんびりモードで、大物ぶりを見せつけてくれた(8日撮影)。

稲富菜穂ツイッターhttps://twitter.com/inatomi_naho