【皐月賞】ファンタジスト・前原玲奈助手 走る夢の語り部

2019年04月08日 15時39分

【皐月賞(日曜=14日、中山芝内2000メートル)】初の1800メートル戦だった前走のスプリングS(2着)で、距離不安説を払拭する走りを見せたファンタジスト。脚を測るかのような競馬をした名手・武豊の騎乗は、必ず本番で生きてくるはずだ。前走時の当コーナーでは前原玲奈助手に首の後ろをかいてもらって気持ち良さそうにしていたが、今回は体に張りが出たことで馬もそれを嫌がっているのだとか。それこそがデキが上がってきた何よりの証拠だ(4月3日撮影)。

関連タグ: