【皐月賞】サートゥルナーリア・角居勝彦調教師 果てしなき夢へ

2019年04月08日 15時40分

【皐月賞(日曜=14日、中山芝内2000メートル)】今年の牡馬クラシック戦線の主役サートゥルナーリアがいよいよ登場だ。ホープフルS以来3か月ぶりのぶっつけ挑戦となるが、角居調教師は「しっかりケアをしてきたし、乗り込みも重ねてきたので」と仕上がりの良さを強調する。今年のメンバーでは抜けた存在とも言われており、その前評判通りに1冠目を楽々とクリアしてしまうのか。高まる周囲の期待をよそに、馬房の中でうたた寝をする姿はなんともかわいらしい(3日撮影)。

関連タグ: