【桜花賞】ビーチサンバ・大江祐輔助手 桜の舞い

2019年04月02日 14時51分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)】新馬V後は勝ち星に恵まれないものの、トップクラス相手に差のない競馬を続けてきたビーチサンバ。その堅実かつ力強い走りは、すでにGIレベルに到達している。ここ3走の敗因もしっかり分析済みで、「逆転の可能性は十分にある」と話す大江祐輔助手。その力強い言葉を聞くと、今回も大いに期待できそうだ(3月27日撮影)。

関連タグ: