【桜花賞】アクアミラビリス・吉村圭司調教師 激流の末脚

2019年04月02日 14時49分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)】エルフィンSで上がり3ハロン33秒3の豪脚を繰り出し、他馬を一瞬にして抜き去ったアクアミラビリス。その決め手は2016年のエリザベス女王杯勝ち馬である姉クイーンズリング以上と言っても過言ではない。その姉が4着と涙を飲んだ桜の舞台で、妹がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。目指すはもちろん姉超えだ(3月27日撮影)。

関連タグ: