【大阪杯・後記】7着サトノダイヤモンド輝けず 戸崎圭「展開に恵まれなかった」

2018年04月02日 21時30分

国内で初めて馬券外に敗れたサトノダイヤモンド

 1日に阪神競馬場で行われたGI「大阪杯」(芝内2000メートル)で、4頭出しの池江厩舎は明暗が分かれる結果になった。6番人気ながらメンバー最速タイの上がり33秒7で2着に追い込んだのはペルシアンナイト。福永は「よく頑張ってくれた。内で我慢していい形で抜け出せました。最後まで差を詰めてくれたし、二千も問題はなかった」と満足した様子。距離の不安もなくなり、今後のさらなる飛躍が期待できそうだ。

 差のない2番人気に推されたアルアインは勝ち馬から0秒2差3着。「自分の競馬はできました。最後は追いつくかと思ったけど…。でも、精一杯頑張ってくれました」と川田。皐月賞馬の貫禄を一応は示した格好だ。

 対照的だったのはサトノダイヤモンド。中団を追走するものの、直線に入ってもギアが上がらず7着に敗れてしまった。鞍上の戸崎圭が敗因に挙げたのは展開で「スローペースの内枠でどうにもならなかった。3~4角でごちゃついたし、展開にも恵まれなかった」と意外にサバサバした表情だったが…。どんな条件でも結果を出していた4歳春までの輝きを思えば物足りない結果だ。

 サトノノブレスはブービーの15着。「ハナか2番手と思っていたけど、後ろのポジションになってしまいました」と幸は振り返った。

 4頭それぞれに置かれた状況は違ったが、管理する池江調教師が強調したのは「勝った馬が強過ぎて手も足も出なかった」と脱帽したスワーヴリチャードの強さ。気になる次走については「4頭とも未定」とのことだが、名門厩舎が後塵を拝したまま黙っているわけもなく、今後の逆襲を待ちたいところだ。