降着・失格「新ルールの不透明さ」浮き彫りに

2013年01月21日 18時00分

1着・ダノンバラードと2着・トランスワープ

 20日、中山競馬場で行われたGⅡアメリカJCC(芝外2200メートル)は、ベリー騎乗のダノンバラード(牡5・池江)が直線で抜け出して勝利。2010年のGⅢラジオNIKKEI杯2歳S以来、2度目のJRA重賞制覇を飾った。一方で今年から始まった降着・失格に対しての“新ルール”の不透明さが浮き彫りになった。

 

 勝ち馬ダノンバラードが直線半ばで内に斜行し、その直後にいたトランスワープ、ゲシュタルトが手綱を引っ張る大きな不利。しかし、審議ランプすら点灯なし──これは今年から変更された降着・失格の新ルール。つまり「5位までに入線した馬の着順に変更の可能性がある場合にのみ点灯」に従ったもの。JRA裁決委員は「ゴールでの着順、着差などトータルして(降着はないと)判断した」と説明した。

 

 レース終了から約10分後、トランスワープ=萩原調教師、鞍上の大野からの異議申し立てを受けて初めて審議ランプが点灯したものの、結論はセーフ。とはいえ、スピードが乗った直線半ばでの致命的な不利、2着馬の脚勢、そしてゴールでの1馬身1/4という着差…。「勝っていたはず。(申し立てがなければ)審議ランプすらつかないとは…」という大野をはじめ、現場の大多数の声は“逆転可能”で、ファンにも違和感があったはず。いずれにせよ、歴然な不利がありながら、審議ランプすらつかない事態がファンの混乱を招き、裁定に対する不満を増幅させたのは間違いない。

 

 さらに、改めて“やり得”への懸念も浮上。「下級条件ならともかく、このクラスであの不利を受けてアタマ差、クビ差まで巻き返すのは無理。降着になることはほとんどないし、加害馬有利のやり得だ」と他のジョッキーも不安視する。

 

 JRAサイドとしては「騎乗停止の処分(ベリーは実効6日間)が抑止力になる」としているが…。

 

「もう一度検証して今後の態度を決めたい」とは当事者の萩原調教師。人が裁く以上、永遠のテーマではあろうが、早くも新ルールの課題点が露呈した。