サトノアポロもう一丁あるぞ

2013年01月17日 08時00分

【トレセン発秘話】「今の京都(芝)は“内枠有利”が度を越えている。勝負事にはツキも必要とはいえ、外枠を引いた時点でアウトではねえ…」
 美浦で取材していてもこんな声がしばしば聞こえてくる。スムーズに運べるのなら距離ロスのない内めを通った方が有利なのは当然だが、紅梅Sのレッドオーヴァルのような力が抜けている馬しか外から差し切れない競馬は、やはり見ていて面白くない。

 今年は特にこの傾向が強い。先週京都の芝戦で内枠の馬を狙って買っていた馬券野郎は幾度となく高配当を手にできた。夕刊紙は枠順発表前に印を打たなければならないため予想は依然として困難を極めるが、一方で馬券の買い方は引き続き単純明快だ。

 で、本題は“中山”のアメリカJCC。ここはサトノアポロが面白い。前走のクリスマスC時の中山は最近の京都と同様の“内(枠)天国”。ここで外をブン回して後続をねじ伏せたのだから数字以上の価値を見いだせる。重賞初挑戦の身とはいえ、今回と同じ舞台での完勝だけに“もう一丁”も十分あり得るのではないか。

「マツリダゴッホがブレークしたときほどの勢いはないかもしれないが、前走は本当の強さがなければできない芸当。これなら重賞でも頑張っちゃうかもと思えたからね」

 国枝調教師が今週、最も?期待をかけているのは東海S(中京)のサイレントメロディ。横山典がAJCCのルルーシュを蹴って乗りに行くのだから好勝負は確実だろう。ただし、マークが薄い馬ほど爆走してしまうのは国枝厩舎の昔からの特徴だ。セオリー通り?馬券野郎はサトノアポロに全力投球といく。

 (美浦の馬券野郎・虎石晃)

 

月曜中山競馬予想を東スポWebに掲載