【セントライト記念】皐月賞馬アルアインは2着 ルメール「次はもっと良くなる」

2017年09月19日 21時30分

 中山競馬場で行われた菊花賞トライアル・GIIセントライト記念(18日=芝外2200メートル・3着までに優先出走権)は、ミッキースワローが優勝。差し切られた皐月賞馬アルアインの秋初戦は2着だった。

 勝てなかった以上、満点スタートとは言えないが、本番の菊花賞へ向けて合格点を与えられる走りだった。好スタートを決めながらも、行く馬を行かせて好位5番手をキープ。5ハロン通過61秒8という落ち着いた流れでも「リラックスして走れていた」(ルメール)。ラスト3ハロン11秒7→11秒3→11秒0の加速ラップの中で、差し切られたのだから相手を褒めるしかあるまい。

「休み明けでコンディションは100%ではなかった。その分、反応も100%ではなかったね。乗りやすい馬で距離は大丈夫だし、次はもっと良くなる」と初コンビとなったルメールは手応えをつかんだ様子。それは管理する池江調教師も同様で「折り合いもついたし、次に向けていい競馬はできた」。

 ダービー馬不在(レイデオロはジャパンカップ出走予定)で迎える3冠最終戦。まずまずのスタートを決めた皐月賞馬が本番は“本気仕上げ”で2冠達成を狙う。