【ローズS】カワキタエンカ「激走2着」を生んだ横山典の好騎乗

2017年09月18日 20時30分

 日曜(17日)阪神競馬場で行われた秋華賞へのトライアルレース・GII第35回ローズS(芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)はラビットラン(角居)が制覇。1000メートル通過58秒6のよどみない流れで逃げたカワキタエンカは、粘り腰を発揮して2着を確保した。

 殊勲の横山典は「いいペースで、リズムよく運べた」と涼しい表情でレースを振り返ったが、この速い流れでの好走は決してフロックではない。浜田調教師が「うまく乗ってくれたね。速かったけど、この馬のギリギリのペースで運んでくれた」と語ったように、馬自身の高い心肺能力と、それを完璧に把握した鞍上の好騎乗が今回の激走を生んだといえる。

 京都の平坦内回りコースに替わる次走・秋華賞(10月15日=京都芝内2000メートル)は、さらに先行力がモノをいう舞台。1ハロン延長さえこなせれば、本番でも怖い存在となりそうだ。