“善戦マン”レオアクティブ変身の理由

2012年09月13日 14時00分

 9日、中山競馬場で行われたGⅢ京成杯AH(芝外1600メートル)は直線最内を突いたレオアクティブ(牡3・杉浦)が1分30秒7のレコードタイムでV。2歳秋のGⅡ京王杯2歳S以来、勝ち星に見放されていた“善戦マン”が朱鷺Sに続いて連勝を飾った。変身の理由、今後の見通しを考察する。

 下見所での悠然とした歩み――。夏前までは「(美浦トレセンの)南馬場へ騎乗していけず、引っ張って連れていったほど」ヤンチャな性格だったレオアクティブが“激変”した。
 レース後、杉浦調教師、鞍上の横山典が異口同音に同馬の成長を告げたように、大人の競走馬へと変わりつつある。

 それを証明したのが今回の競馬。道中は12番手を折り合いながら追走。4角過ぎで前方を走っていた先行集団が外側へ移動した幸運もあったが、直線半ばでわずかに開いた1頭分のスペースに割り込めたのは鞍上のゴーサインに瞬時に反応できたから。過去11戦中8戦で最速上がりをマークした当代きっての切れ者に自在性が加わった。

 前走の朱鷺Sに続く連勝で、これまで届かなかったGⅠタイトルが見えてきた。しかし、杉浦調教師は「この(高速)馬場では参考にならない」と冷静なジャッジを下す。その言葉通り、ひとつ前の準オープン(セプテンバーS=1分06秒9)もレコード決着だったうえ、メンバーレベル(2着したのが惨敗続きのスマイルジャック)を考えればGⅠうんぬんを語るにはまだ早い。

 ただし、これから王道を進むための「賞金を加算できた」(杉浦師)のは何よりの成果。この秋最大目標のGⅠマイルCS(11月18日=京都芝外1600メートル)への大きな足掛かりとなった。

 次走予定のGⅡスワンS(10月27日=京都芝外1400メートル)でレオアクティブの器をいま一度、確かめたい。