フェブラリーS連覇のコパノリッキー骨折 全治6か月

2015年02月24日 10時27分

フェブラリーSで連覇を達成したコパノリッキーだったが…

 史上初のGIフェブラリーS連覇を達成したコパノリッキー(牡5・村山)が、左前脚のトウ骨遠位端を骨折していることが分かった。3月4日に栗東トレセン診療所で手術を行う予定で、全治6か月程度になる見込み。

 これにより、次走に予定していた交流GIかしわ記念(5月5日=船橋ダート1600メートル)への出走は白紙に。暮れのGIチャンピオンズC(12月6日=中京ダート1800メートル)を最大目標に、復帰を目指すことになりそうだ。