キズナの鞍上・武豊は29年連続JRA重賞Vの偉業

2015年02月10日 20時00分

「シンザン記念」をグァンチャーレで勝利した武豊(左)

 一昨年の日本ダービー馬キズナ(牡5・佐々木)が 日曜(15日)の京都競馬場で行われるGII京都記念(芝外2200メートル)で復帰する。鞍上・武豊は年明けから好調だ。

 1月11日のGIIIシンザン記念をグァンチャーレで勝利して29年連続JRA重賞勝利という大偉業を達成。「28年」で並んでいた岡部幸雄元騎手を突き放して単独トップとなった。同25日のGII東海Sもコパノリッキー(2・22フェブラリーSで1番人気濃厚)で制して早くも重賞2勝。きさらぎ賞(8日)のポルトドートウィユは2着に敗れたが、ファンを沸かせる競馬が続いている。