【JRA】芝1800メートルの新馬戦はトーセンシュシュが快勝

2021年09月05日 14時55分

1着のトーセンシュシュ

 5日の新潟5R・2歳新馬戦(芝外1800メートル)は、2番人気トーセンシュシュ(牝・田村)が差し切りでデビュー勝ちを収めた。勝ち時計1分50秒1(良)。

 5番手追走から直線は力強い末脚を発揮し、先に抜け出した人気馬サトノアヴァロンをアッサリかわし去った。三浦は「調教で気難しい面を感じ取れていたのが競馬で生きた。折り合いもついたし、馬群を割って反応よく伸びてくれた」と評価した。

関連タグ: