【中山金杯】レコードVラブリーデイ ベリーの腕で能力開花か

2015年01月05日 20時01分

ラブリーデイ(左)を勝利に導いたベリーは雄たけびを上げた

 2015年の中央競馬開幕となった4日、中山競馬場ではGIII中山金杯(芝内2000メートル)が行われ、ラブリーデイ(牡5・池江)が快勝。昨年のオーシャンブルーに続いてベリー&池江のコンビが今年一発目の重賞を奪取した。15度目の重賞挑戦でようやく手にしたタイトル。晩成の血が開花したのか、それとも恵まれた勝利だったのか。レースを検証するとともに今後を占う。

 

「こちらが思っている以上に走ってくれた」

 

 オーナーの金子真人氏が競馬場からの去り際にポツリとこぼしたこの言葉にうそ偽りはなかろう。これまでオープン勝ちや重賞2着はあるものの、詰めの甘さに悩まされた。それがどうだ。57キロの重量を背負いながら2着以下を1馬身1/4も突き放す圧巻のV。さらにレコードのおまけ付きなら“覚醒”の2文字も浮かんでくる。

 

 もっとも忘れてはならないのが昨年末から続く“内枠有利”の馬場状況。金杯直後の12Rも終始、インを通った1枠1番の馬(マイネルアウラート)が勝利。それも踏まえれば、ラブリーデイのひとつ目の幸運は1枠2番を引けたこと。

 

 もうひとつは2着ロゴタイプが近い枠(2枠4番)からの発走だったことだろう。これによって道中5番手からロゴと並走。3コーナーでいち早く動いた皐月賞馬の後をなぞるように進出し、ライバルが切り開いたVロードを通って先頭でゴールインを果たした。

 

「いい枠を引けたのでこれを生かそうと心掛けていたし、ロゴタイプが引っ張ってくれると思っていた」

 

 ベリーの戦前の読みもあっぱれだが、テン乗りながらピタリと折り合いをつけ、寸分の狂いもない立ち回りを実現した手腕はさすがの一語だ。昨年1着のオーシャンブルーに続いての連覇(一昨年はアドマイヤタイシで2着)。中山金杯との相性の良さも忘れてはなるまい。

 

「まだ若い馬だし、今後の伸びシロも十分。これからも重賞を勝ってくれるはず。アイルランドにも連れてきてほしい(笑い)」と締めて報道陣の笑いを誘ったベリーだが、“覚醒”と判断するのは早計なのもまた確か。次走で真の実力=GI通用の可能性が試される。