【JRA】新種牡馬サトノアラジン産駒レディバランタインが新馬戦勝利 ジェンティルドンナの弟は5着敗退

2021年07月25日 14時45分

1着になったレディバランタイン

 25日に行われた新潟競馬5Rの2歳新馬戦(芝外1800メートル)は、道中ハナを奪ったレディバランタイン(牝・加藤征厩舎)がそのまま押し切った。勝ちタイムは1分48秒4(良)。新種牡馬サトノアラジンの産駒はJRA初勝利となった。

 騎乗した戸崎圭太騎手は「もともと千四を予定していたくらいでスピードがある。2番手でもと思っていたが、手応えが違いましたからね。ハナに行かせて気分良く走らせました。調教通りにいい走りができましたね」と話した。

 父キタサンブラック、姉にGⅠ7勝馬ジェンティルドンナを持つメトセラ(牡・矢作厩舎)は好位から手応え良く運ぶも、直線はもうひと伸びが利かずに5着に敗れた。

関連タグ: