キタサンブラック産駒がJRA初勝利 清水久師「ブラックにちょこっとだけ恩返しできたかな」

2021年07月18日 14時28分

1着となったコナブラック

 18日の小倉競馬2レース(2歳未勝利戦、芝1800メートル)で、1番人気コナブラック(牡・清水久厩舎)が差し切り勝ちを決め、今年の新種牡馬であるキタサンブラック産駒がJRA初勝利を挙げた。これまで4頭がデビューを果たしおり、産駒5戦目での勝利となった。

「競馬はジョッキーに任せていましたが理想通りでしたね。新馬戦(3着)で産駒初勝利を狙っていましたけど、初勝ちができてうれしいですね。ブラックにはたくさんいい競馬をさせてもらったのでちょこっとだけ恩返しができたかな」。清水久調教師は自身が管理した稀代の名馬の産駒初勝利に喜びもひとしおだった。

 騎乗した福永祐一騎手は「初戦を踏まえてこの馬の特性を生かす競馬ができた。距離が延びて良かったし、完成度の高い馬です」と持久力を評価した。

関連タグ: