【JRA】白毛のソダシが正式に札幌記念へ 須貝師「ゴールドシップの時に負けているし、3歳牝馬は有利」

2021年07月12日 13時58分

札幌記念への参戦が決まったソダシ

 今年、無敗でGⅠ桜花賞を制したソダシ(牝3・須貝)が、正式にGⅡ札幌記念(8月22日=札幌芝2000メートル)に参戦することが決まった。12日、管理する須貝調教師がセレクトセールの会場で語ったもの。
 
「今日、(金子真人)オーナーと相談してOKがもらえました。去年、札幌で走っている(GⅢ札幌2歳S1着)馬だし、デビューも北海道(函館)。北海道の皆さんに楽しんでもらって、元気を出してもらえたらうれしいね」と須貝調教師。

 初の古馬との対戦になるが「(かつて管理した)ゴールドシップで札幌記念に使った時、ハープスターに負けたからね(14年=ハープスター1着、ゴールドシップ2着)。3歳牝馬は斤量的にも有利だと思うから」と自らの苦い思い出を糧に年長馬撃破を誓った。年内は国内のレースに専念することも併せて発表された。

関連タグ: