【ユニコーンS】サウジダービー勝ち馬ピンクカメハメハが急性心不全で死す…

2021年06月20日 18時26分

サウジダービー出走時のピンクカメハメハ(ロイター)

 3歳ダートGⅢユニコーンステークス(20日東京競馬場=1600メートル)に出走したサウジダービー勝ち馬ピンクカメハメハ(牡・森厩舎)は、向正面で急にバランスを崩してラチに激突し転倒→競走中止となった。急性心不全だった。鞍上の北村宏司騎手はコース外に投げ出される形で、府中市内の病院へ搬送された。

 ピンクカメハメハは昨年に函館でデビューし、芝の新馬戦を快勝。その後は勝ち切れない競馬が続いたが、初ダートだったサウジアラビアでのサウジダービーで戸崎圭太騎手を鞍上に、初の海外遠征で結果を出していた。通算成績は9戦2勝(うち海外2戦1勝)。

関連タグ: