爆笑田中VSシティホテル亮太「ダービー対決」痛み分け…〝第3の男〟は58980円大的中!

2021年05月30日 19時00分

3連単を的中させた望月隆寛

 爆笑田中VSシティホテル亮太の勝負は〝第3の男〟が強襲! 

 30日に行われた競馬の祭典「第88回 日本ダービー」(東京芝2400メートル)は福永騎乗の⑩シャフリヤールが勝利。2着に横山武騎乗の①エフフォーリア、3着に⑪ステラヴェローチェが入線した。

 東スポ本紙で競馬連載「爆笑田中の爆勝予想」を連載中のお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)と、競馬好き若手芸人で結成された部活「タイタン競馬部」のメンバーでお笑いコンビ「シティホテル3号室」の川合亮太(35)の間で繰り広げられていた〝ダービー馬券対決〟は両方ともハズレで痛み分けとなった。

 だがその裏で、エキシビションとして予想を披露していたタイタン競馬部のメンバー・望月隆寛(33)が3連単1頭軸マルチ①―⑩⑪⑫⑬⑭⑯―⑩⑪⑫⑬⑭⑯で、3連単「58980円」を大的中! 部員同士の挑戦権争いに敗れ、爆笑田中との直接対決はかなわなかったが、一矢報いた形となった。

 望月はSNSで的中馬券を披露するとともに「エフフォーリア惜しかったぁ でも強かった!! シャフリヤール、福永騎手凄い!! おめでとうございます」と両馬の検討をたたえ、2020年のコントレイルに続き、ダービー連覇(通算3勝目)となった福永騎手を祝福した。

 爆笑田中への挑戦権を掛けたネクストシリーズとなる「秋G1回収率バトル」では、望月の飛躍が期待できそうだ。

【関連記事】

関連タグ: