【藤井勘一郎コラム】同期の団野騎手とツーショット 今週は葵Sに騎乗します!

2021年05月27日 13時00分

団野騎手(左)の祖父母が営業するうどん店の前でツーショット

 皆さんこんにちは、藤井勘一郎です。

 先週は日曜東京5Rのサンライズウルスで勝たせていただきました。元々攻め馬では動かない馬ですが、最終追いは抜群のフットワークで状態は絶好でした。レースでは4コーナーでの反応が悪く少し心配したのですが、最後は凄い伸び脚で見事一番人気に応える走り。ただあの強い競馬でも厩舎サイドにはまだ馬を教育したいという意向が強く、それだけこの馬に対する大きな期待を感じます。これからもその期待に応えられるように頑張りたいです。

 今週は土曜中京の葵Sでインフィナイトに騎乗させていただきます。最終追いでは同厩のインディチャンプに併せ馬で遅れましたが、こちらは当週で馬なりでしたし、先週かなり動いていたので心配は無いです。前走と比較しても状態はいいですね。これまでは1400メートルと1600メートルを使われていましたが、ラストが少し甘くなるので短距離への条件替わりはプラスに働くはずですし、元来スピードがある馬なので対応は十分可能でしょう。後は当日の馬場読みが重要な作業になりますね。何とか結果を出したいです。

 さて、今週はいよいよダービーウィークです。「うまい棒ダービー」など色々なコラボ商品も出ていますし、トレセン全体もいつもとは違う雰囲気に包まれていて、こんな時期でも盛り上がりをすごく感じます。仲間のジョッキーとも「東京競馬場は違うよね」とよく話すのですが、あれだけ集客力を持つ競馬場は世界でも稀有な存在。いまは入場制限を余儀なくされていますが最高で19万人(!!)という大観衆の前で行われる競馬に騎乗するのはどんな気持ちでしょうか。私も近いうちに参戦できるよう、精進していきます。

 最後に、今回一緒に写真に写ってくれた団野大成ジョッキーについて。彼とは同年のデビューで、彼の初勝利にもちょうど居合わせていて祝福させてもらいました。お父さんが調教助手を務められていて、その担当馬で初勝利を挙げたのも素晴らしいですが、彼自身競馬に対する知識が豊富で、私も色々と見習う点が多いです。ちなみに彼の後ろに移っているのは、トレセンでうどん店を営む彼の祖父母のお二人です。私は毎回こちらでゆで卵を購入して、調教の合間に食べるのがルーティンです(笑い)。同期のライバル同士、切磋琢磨して大きく成長できればと思います。団野騎手ともども応援よろしくお願いいたします。

【関連記事】

関連タグ: