【日本ダービー】熊崎晴香「注目していた馬が3歳馬の頂点に立ったのは感動でした。生観戦で雰囲気を感じたい」

2021年05月24日 12時02分

日本ダービーが待ちきれない熊崎晴香

【待ちきれない!今週は日本ダービー(3)】「第88回日本ダービー(GⅠ)」がいよいよ30日、東京競馬場で行われる。各スポーツ紙と関わりの深い女性タレント7人がレースの魅力と当日の楽しみ方を明かした。

★日本ダービーの魅力★

 熊崎晴香(東京スポーツ) 昨年のダービーをコントレイルが制した時は本当にうれしかった。ネット投票派の私が初めて紙の馬券を買ったのが19年東京競馬場での東スポ杯2歳Sで、本命にしたコントレイルがぶっちぎりの1着で馬券も的中! その時から注目していた馬が3歳馬の頂点に立ったのは感動でした。競馬に携わるすべての方々の憧れ、目標でもある日本ダービーをいつか生観戦して、雰囲気を感じたい。それが今の私の夢です。

 大原優乃(スポーツ報知) 今年は2年ぶりの有観客開催ですね。私はまだ競馬場に行ったことがなくて…。競馬を始めたころには入場制限があったので、私もいつか行きたいとあこがれがあるんです。日本ダービーはやっぱり駅のポスターもそうですけど街中がにぎわっているし、ざわついている空気感がすごく好きです。競馬をやるまでは、世間がダービーに向けていかに興奮しているかを知らなかったので、知ることができて良かったと思います。楽しい雰囲気がいいですよね。

 神部美咲(東京中日スポーツ) ダービーは3歳の時に一生に1回しか出られない。私も26歳になって、オーディションを受けても25歳までの仕事とかが結構あったりして、(年齢の)壁を感じました。出走できるだけでもすごいので、上位に入った馬は無条件に応援したくなります。去年の本命はサリオスにしたけど、血統でディープインパクト産駒が有利、というか強いと知ったので、今年は血統も視野に入れながら楽しみたいです。

 新田さちか(デイリースポーツ) 同じ年に誕生した何千もの同世代の馬の中で、勝ち抜いてきた18頭だけが出走できるまさに夢舞台。ここに出るだけでも大変なことです。そんな中で注目したいのは、馬一頭それぞれに調教師、スタッフをはじめ、多くの方のつながりがあり背景には多くのストーリーがあること。勝ち負けだけでなく、そういった部分を掘り下げたエピソードを知ることでより深い感動を味わえるレースです。今年もどんな感動を味わえるか楽しみです。

 柴田阿弥(サンケイスポーツ) 数あるGⅠレースの中でも日本ダービーと有馬記念は特別だと感じています。ウイニング競馬は土曜競馬の中継だったんですが、もう前日から盛り上がり方が違います。ファンが競馬場に入っていたときには、地鳴りのような歓声に驚きましたし、あのワクワク感は他では経験できない貴重な体験です。競馬場、競馬界全体に特別な空気が流れていて、唯一無二のレース。ファンの皆さんにとっても大切なレースだと思います。

 高田秋(日刊スポーツ) 馬にとっては一生に一度の大舞台。15年のドゥラメンテから見ていますが、当たっていないですね。ハハハ。だから今年こそは!

 ほのか(スポーツニッポン) ダービーは盛り上がる印象しかないですね。印象に残っているのは17年です。本命にしていたレイデオロが勝って、いい思いをさせていただきました。ダービーで結果を出すということは、私に置き換えれば、テレビの地上波のゴールデンタイムに出て爪痕を残すぐらい難しいと思っています(笑い)。だから、ここで勝った馬には活躍してもらいたいですね。

★日本ダービー当日の楽しみ方★

熊崎 ダービー当日がお休みだったら、父と一緒にテレビで観戦するか、動画配信サイト「SHOWROOM」でファンの方と一緒に楽しみたいと思います。テレビで競馬を見ながらのネット配信を何度かやったことがあるのですが、自分が的中しなくてもファンの方の誰かが的中したりしてすごく盛り上がります。

新田 テレビを見ながらオンラインで楽しみたいですね。インスタグラムなどを見ても、大学の友人で競馬を楽しんでいる人がたくさんいます。交友関係の広がりやつながりを競馬がつくってくれるのです。何か一緒に楽しめたらいいですね。

柴田 私自身は、当日は仕事だと思うのですが、生中継をテレビで見ようと思います。普段から、コロナ禍でなかなか外に出られない中でも楽しめることの一つが競馬だと実感しています。観客は少ないですが、日本ダービーは競馬場に入れます。ほかのGⅠレースとは雰囲気が違うので体感してほしいです。あとはネット投票があるので、家で馬券を買っちゃいます。現地でなくても楽しめますし、レース(の展開やゴールシーン)自体は絶対にテレビの方がよく見える。ネットで盛り上がったりしているのを見たり、友達とやいのやいの言いながら楽しむことが多いです。

高田 家でビール片手に楽しみたいです。仕事の時は3時ごろからそわそわしますね。

ほのか 仕事がオフだったら、事前にインターネット予約で指定席券を購入したいです。無観客開催になるだろうと、みんなあきらめていたと思うから、実際に競馬を見ることで今までのフラストレーションを晴らしてほしいですね。家で見ることになっても、ライブ配信アプリを使ってファンの方と共感しながら観戦します。視聴者の皆さんと予想対決をしながら楽しむと思います。盛り上がりますよ。

大原 たぶん自宅で見ると思います。テレビの前で応援します。コロナ禍で、おうち時間だからこそ、友達と電話で予想発表会とかして楽しんでいます。“おうち飲み”とかはしないんですが“おうち予想会”はよくやっていますね。携帯とかテレビとか見てやってますよ。

神部 最近、家族で競馬を楽しんでいます。大阪の実家の父と兄3人で予想の話をグループLINEでしていて、レースはテレビ電話しながら見ています。いつもお父さんばかりが当たっているので、ダービーだけは私が勝ちたいです(笑い)。

【関連記事】

関連タグ: