【新潟大賞典】サンレイポケットが内をついて重賞初V 鮫島駿「内は空くだろうと思っていました」

2021年05月09日 16時44分

 9日の新潟メイン、GⅢ第43回新潟大賞典(4歳以上、芝外2000メートル・ハンデ)は、鮫島克駿騎手騎乗の3番人気サンレイポケット(牡6・高橋義忠厩舎)が、直線内をついて2着=1番人気ポタジェをクビ差振り切り、初タイトルを獲得した。

 鮫島駿騎手は「前半のレースを見ていて、各ジョッキーの意識が外にあったので、内は空くだろうなと思っていました。パワーのある馬場はこなせるタイプですし、混戦で追い負けないよう、しっかり追いました」と思惑通りのレースを振り返った。

関連タグ: