【天皇賞・春】馬匠渡辺「レースレベルとしては疑問が残る」

2021年05月03日 13時30分

レコードは更新したがレースレベルには疑問が残った

【渡辺薫&柏木集保「私たちはこう見た」 天皇賞・春】

 渡辺 ワールドプレミアが鮮やかに差し切り。菊花賞に続いて2つ目のGⅠタイトルを手にした。
 
 柏木 はい。初めてコンビを組んだ福永ジョッキーが、うまく流れに乗せましたね。気楽な立場ということもあったと思いますが、有力馬を見る位置でスムーズに折り合いました。それに馬自身も、完全に立ち直っていました。パドックでカリカリしたところを見せるのは、いつものことですけど、以前より軽減されてましたからね。

 渡辺 そうだな。前にカレンブーケドール、ディープボンド、アリストテレスを見ながら本当にうまく立ち回ったよな。レース前は混戦と思っていたが、最後は菊花賞馬の貫録。食らいついてきたDボンドをねじ伏せるように差し切った。

 柏木 そのDボンドも良く粘りました。4コーナーの手ごたえは決して良く見えませんでしたが、あそこから盛り返してくるんですからね。まして、阪神コースは京都よりもパワーが要求される。相当なスタミナの持ち主ですね。

 渡辺 そうだな。阪神大賞典は強いレースだったが、それが本物であることを改めて証明した。ちなみに菊花賞で先着を許したアリストテレスには2馬身差をつけた。もう力関係は逆転しているし、本当に力をつけているよ。

 柏木 アリストテレスは本当は2000メートルくらいのほうが合うのかもしれません。菊花賞2着で評価がグンと上がりましたが、その菊花賞自体のレベルはそう高くはないと思うんです。前走の阪神大賞典も馬場が敗因になってますが、実際は距離が長かったんじゃないかと。馬体も品のいい体つきだし、本質的には中距離で切れ味を生かすタイプだと考えています。

 渡辺 4歳馬の中ではトップクラスだろうが、やっぱりGⅠを勝ち切るにはパンチ不足だな。

 柏木 カレンブーケドールも勝ち馬同様、無理のないレース運びでした。今回もGⅠタイトルには届きませんでしたが、大きく崩れた訳ではないし、個人的には思っていた以上の内容でした。ただ、今回の流れでは正攻法はきつかったかもしれませんね。

 渡辺 4コーナーでは勝ったかと思ったが、結果的に少し仕掛けが早かったかな。3000メートル以上も今回が初めてだったし、最終的には牡牝の差が出たとも言えるかもしれない。

 柏木 その厳しい流れを作ったのがディアスティマ。前半の8ハロン通過1分35秒6は、馬場の良かった前走松籟Sの1分36秒6を1秒も上回っていましたからね。

 渡辺 そんな流れの中で5着ウインマリリン、6着ディアスティマまでは自分の力を出し切った。対照的にオーソリティはテンから抑えて、最後まで見せ場がなかった。大外枠がこたえたのか、キャリア不足なのか。気配は良かったと思うが。

 柏木 そうですね。馬体は立派で素質は十分。まだ見限れませんね。

 渡辺 結果的に人気馬が順当に上位を占めたが、伝統のGⅠにしては手薄のメンバーだったのは否めない。レコードもディアスティマの前走タイムを更新しただけだから価値はない。レースレベルとしてはちょっと疑問が残るよな。

【関連記事】

関連タグ: