【タイタン競馬部】「ダニエルズ」望月が天皇賞・春3連単「114.9倍」を的中

2021年05月02日 16時38分

ダニエルズ・望月

 東スポ本紙で競馬予想「爆笑田中の爆笑予想」を好評連載中の爆笑問題・田中裕二(56)との「ダービー馬券対決」の挑戦権は誰の手に?

 爆笑田中への挑戦権を賭けた「春のG1回収率バトル 第7戦」(各レース合計で10000ポイントをベット)となる「天皇賞・春」で、バトル参加者のお笑いコンビ「ダニエルズ」の望月隆寛(33)副部長が3連単「114.9倍」を的中させた。レースは福永騎乗の①ワールドプレミアが差し切り勝利。2着に1番人気の⑫ディープボンド、3着には4番人気の③カレンブーケドールが入線した。

 同副部長は3連単を100P、単勝「5.2倍」を1000Pゲット。第7戦通算回収率を「164.9%」とした。「第5戦 皐月賞」でも3連単「823.3倍」を100P的中し、「これからぐんぐん調子が上がっていくと思いますよ!」と話していたが、その通りにまたも3連単的中。SNSでは「天皇賞春、とったどーーー!」と喜びを爆発させた。

 また、同バトルに参戦中の「シティホテル3号室」の川合亮太部員(35)が3連複「20.4倍」を500Pゲット。こちらも回収率を「90.7%」と上昇させた。

 同バトルは5人中3人が回収率100%超え、とハイレベルなものになっている。

・第7戦終了後の回収率

【1位】ダニエルズあさひ(201.4%)

【2位】ダニエルズ望月(164.9%)

【3位】アクアキャンディー佐野(105%)

【4位】シティホテル3号室川合(90.7%)

【5位】競馬AIタレント・ヱビス神(32.6%)

※第6戦「香港QE2世C」はエキシビジョンマッチのため、収支には組み込まない。

【関連記事】

関連タグ: