【桜花賞】馬匠渡辺「オークスに関してはサトノレイナスが逆転できるという確信を持った」

2021年04月12日 11時46分

桜花賞が終わっても2頭の対決はまだまだ続く

【渡辺薫&柏木集保「私たちはこう見た」・桜花賞】

 渡辺 白毛馬による初のクラシック制覇。ほんとにお見事だったな。

 柏木 レコードは超高速馬場による部分が大きいでしょうからそこまで評価しませんが、ソダシの走りは大したものです。

 渡辺 高速馬場はどうなんだ?という疑念もあったが、それもあっさり克服してみせた。どんな競馬でもできるし、追って味があって勝負強い。この馬のすべてが出た5連勝と言っていい。

 柏木 パドックから馬場入りまで落ち着いていたし、その分、鞍上も冷静に騎乗できたのでしょう。馬場が速いとはいえ、この馬も決して楽なペースではなかったはずですが、鞍上は直線でも内外を確認するような余裕があったくらいです。

 渡辺 さすが2歳女王。けちのつけようがない勝利だったな。

 柏木 直行ローテも今では珍しくないとはいえ、阪神JFからのぶっつけですからね。

 渡辺 で、オークスはとなると…。

 柏木 パトロールを見ても、ゴールまでほぼよれることなくしっかりと走り切っていました。これならもう少し距離は持ってもいいかな、という気はします。ただ、2000メートルくらいまでかなあ。

 渡辺 うん、今日のレースを見る限り、オークスに関しては2着サトノレイナスが逆転できるという確信を持った。

 柏木 阪神JFに続いて惜敗でしたが、速いペースを考えればルメールもうまく乗っている。ソダシが強気に乗った分、押し切られたという感じです。

 渡辺 大外枠だったし、鞍上が開き直ってあの(後方からの)競馬に。直線の伸びはさすがだったし、改めて“強い”と感じた。オークスではやはりこっちかな。

 柏木 距離が延びての不安はないし、東京の2400メートルなら馬場や流れを考える必要もないでしょうからね。

 渡辺 俺が◎で期待したファインルージュはソダシを直後でマークして上々の内容。少し上位2頭とは力差はあったけど、オークスにメドの立つ走りだった。

 柏木 休み明けや初の関西遠征のせいか、いくらか馬場を見るようなシーンもありました。上位2頭に比べると、その分が響いたのでしょうが、時計を大きく詰めたし褒めていい3着でしょう。

 渡辺 4着アカイトリノムスメは、さすが良血はダテじゃない、という感じだったな。

 柏木 私の思っている以上に頑張っていました。

 渡辺 母アパパネに比べると線の細さがあるし、成長の余地はまだ大きいからな。将来性を含めて期待したい。

 柏木 5着アールドヴィーヴルは体を減らしつつの好走だから、それなりに評価はできます。

 渡辺 ただ、アールド以下は4着から3馬身以上離された。力差は否めない。ククナがいい伸びを見せていたから、マイル戦線で面白そうかなというくらい。

 柏木 メイケイエールはスタートの失敗が致命的でしたね。カッとしてしまって…。良くない方向に向かいそうだし、今後は短い距離になるのでしょうか。

 渡辺 立て直しが必要かもしれないな。

関連タグ: