【ニュージーランドT】バスラットレオンが覚醒の5馬身差V 藤岡佑「つかまっているだけでした」

2021年04月10日 16時29分

バスラットレオン

 10日、中山競馬場で行われた3歳限定GⅡニュージーランドトロフィー(芝外1600メートル=3着までにNHKマイルC優先出走権)は、
藤岡佑介騎手騎乗の2番人気バスラットレオン(牡・矢作)が、直線で後続をみるみるちぎって、5馬身差の逃げ切り勝ち。2着に3番人気タイムトゥヘヴン、3着には11番人気の伏兵シティレインボーが入った。

 デビュー戦(1着)以来のタッグだった藤岡佑騎手は「つかまっているだけでした。デビューからスタートの早い馬でしたし、前に進みたい気持ちが強いタイプ。4コーナーを回った時には〝負けないだろう〟という手応えでしたし、最後は流す余裕がありました。随分、体もしっかりしましたね」と成長を感じ取っていた。

【関連記事】

関連タグ: