【大阪杯】6番人気モズベッロが波乱を演出 池添「地力のあるところを示してくれた」

2021年04月05日 12時02分

モズベッロが2着激走

 第65回大阪杯(阪神芝内2000メートル)は、4番人気のレイパパレ(牝4・高野)が後続に4馬身差の逃げ切り勝ち。2着には伏兵のモズベッロが入る波乱の決着になった。

 直線でしぶとく脚を伸ばすのは同馬の真骨頂。価値のある銀メダルを獲得したのはモズベッロだ。宝塚記念3着の実績があるにもかかわらず、6番人気という低評価に反発する意地の走りだった。

「ゲートがもうひとつで後ろの位置になったけど、コントレイルの後ろでいい感じに進めることができた。4角手前でこちらのほうが先に手が動くのはいつものことで、そこからジリジリと伸びてくれた。馬場が味方したとはいえ、地力のあるところを示してくれたね」とは前出の宝塚記念以来のタッグで、またしても激走を呼び込んだ池添。してやったりの表情でレースを振り返った。

関連タグ: