【金鯱賞】2着に敗れたデアリングタクト 前日の豪雨が影響? 松山「思った以上に馬場が悪かった」 

2021年03月14日 17時01分

2着に敗れた松山デアリングタクト(左)、1着ギベオンの西村はガッツポーズ

 14日の第57回GⅡ金鯱賞(4歳以上、中京競馬場・芝2000メートル=1着馬に大阪杯優先出走権)は、単勝1・4倍の圧倒的人気を集めた昨年の牝馬3冠馬デアリングタクト(4歳・杉山晴厩舎)が2着に敗れる大波乱。同227・3倍という抜けた最低人気のギベオン(牡6・藤原英厩舎)がまんまと逃げ切った。

 デアリングタクトの松山は「できれば逃げ馬の後ろにつけたかったのですが、ポジションが取れなくて。でも折り合いはつきましたし、いい形で脚はたまったと思ったのですが…。思った以上に馬場が悪かったですね。人気に応えられず申し訳なかったですが、力のあるところは見せてくれたと思います」と、前日の豪雨の影響で重馬場となった芝のコンディションに敗因を求めた。

関連タグ: