森一馬 障害重賞全場制覇達成! 史上2人目の快挙

2021年03月13日 16時24分

メイショウダッサイとともに快挙を達成した森一馬騎手(13日、阪神競馬場)

 土曜阪神8Rで行われたJ・GⅡ第23回阪神スプリングジャンプは、昨年の最優秀障害馬(4)メイショウダッサイが7馬身差の圧勝で制した。

 同馬に騎乗した森一馬(28=松永昌)は、現在障害重賞が実施されている6競馬場すべてで勝利したことになり、障害重賞全場制覇を達成した。

 これは、新潟、小倉競馬賞で障害重賞が行われるようになった1999年以降、高田潤騎手に続き史上2人目の記録となる。

 森騎手「チャンスある馬に乗せていただいたおかげで達成できた記録だと思っています。引き続きこれからも一頭一頭、大切に乗っていきたいと思います」

関連タグ: