【根岸S】柏木「3着タイムフライヤーは〝マツクニ流〟の使い方ですね」

2021年02月01日 11時55分

アタマ差の接戦ながら内の川田=レッドルゼルは手応えから勝利を確信

【渡辺薫&柏木集保「私たちはこう見た」・根岸S】

 渡辺 ロードカナロア産駒のダート重賞初制覇なるかがカギだったが、今回のレッドルゼルの勝利は千四に特化した結果じゃないかな。

 柏木 そうなんですよ。レッドは千四を超す距離を使っていません。かといって今回、ラスト3ハロンのラップは12秒1→12秒0→11秒9と止まってないんです。マイルも克服する可能性はありますね。ただ、この距離だと適性の高い馬の逆転もありそうですし…。

 渡辺 未知の魅力はあるが、距離はひとつの大きな課題だな。ただ、明けて5歳。今日の上位馬を見ても、それより年上が多いし、年齢的な上がり目を考えるとチャンスはあるのかも。

 柏木 2着が8歳のワンダーリーデルで3、4着は6歳ですからね。3着タイムフライヤーは〝マツクニ流〟の使い方ですね。以前にキングカメハメハをNHKマイルCから距離を延ばしてダービーも勝ったような手法(04年)。1ハロンしか違わないけど、この馬の千四もマイルへの布石なんでしょう。初の千四ながら0秒1差と中身もありました。

 渡辺 結果的に2~4着までは中央の重賞ウイナー。2着ワンダーリーデルは4角最後方から上がり34秒6の鬼脚だった。

 柏木 4着アルクトスは超大型馬なので59キロはあまりこたえてなかった感じ。ただ、南部杯の日本レコードVは相当時計の速い馬場でのもの。本番の砂状態次第では逆転の可能性も。

 渡辺 俺の◎デザートストームは…。やっぱり重賞の壁なのかねぇ。初ダートのステルヴィオは、さすがに昨年のモズアスコットのようにはいかなかったな。

 柏木 それでも初ダートで58キロを背負って1分23秒1で走りました。褒められる走りですよ。

 渡辺 本番はどうなるかな? 昨暮れのチャンピオンズC6着だったカフェファラオの逆襲に注目している。