【有馬記念】スポーツ7紙の女神が振り返る2020年の競馬 高田秋「女が男を負かすって、競馬界では普通にあり得るのでスカッとしますね」

2020年12月21日 13時45分

パドックで馬の香りが嗅げなくて残念という稲富

 競馬の総決算「第65回有馬記念(GⅠ)」がいよいよ27日、中山競馬場で行われる。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客開催を余儀なくされた一方で、コントレイル、デアリングタクトの2頭の3冠馬誕生や芝GⅠ9勝を挙げたアーモンドアイの活躍など記憶に残る一年になった。そこで、各スポーツ紙と関わりの深い女性タレントが有馬記念を前に大激論。大一番への思いや予想を熱く語った。

【東京スポーツ・稲富菜穂】ひと言で言うと「感謝」ですね。お仕事がなくなってやりがいがなくなる時期も多かったのですが、毎週、競馬関係者の方々がコロナの感染対策をしっかりやって競馬開催を守ってくれました。だからこそ、私たちは競馬をテレビで楽しめましたし、ライブで見られないからこそ、競馬のありがたみを感じて、初心に帰って競馬に真摯に向き合え、今まで感じなかった楽しみを見いだすこともできました。残念なのはパドックなどで馬の香りが嗅げないことですね。

 無敗の3冠馬も2頭誕生しましたし、コントレイルは3冠も強かったですが、私にとっては昨年の東スポ杯の衝撃がインパクトに残っています。デアリングタクトは松山騎手と3冠を手に入れた姿がとても美しくて思わず泣いてしまいました。アーモンドアイについては一度意地悪な質問をしたことがありまして。国枝先生に「弱点があるならどこですか?」と聞いたのです。「弱点は調教師が頼りないところ。だから彼女もこれじゃまずいと思って一生懸命走ってくれているんじゃないの(笑い)」と優しく返してくれて。国枝先生の優しさとアーモンドアイの強さは見事に比例していると思いました。

【スポーツ報知・大野いと】無観客開催になったときは、寂しいなと思いましたし、観客の活気がいいのになと思っていました。でも、今年はすごく活躍する馬が出てきていて、ジャパンCでもアーモンドアイがラストランで勝ったりとかして、すごくドラマが生まれていた。ある意味、人がいない分、馬たちがのびのび走っているのかなという感じもしました。名馬がいっぱい生まれてこっちも勇気をもらっています。牡馬牝馬で3冠馬が同時に生まれたのは、本当にびっくりしましたね。こんな2頭同時に出てくるなんて、本当にすごいとしか言いようがない。

【サンケイスポーツ・横山ルリカ】コロナ禍でスポーツ、演劇や音楽などさまざまなエンタメが中止になる中、競馬は関係者の方の徹底した対策で無観客だとしても実施できたのはすごいことだと思います。競馬ファンとして心から感謝しています。海外遠征がなくなったり競馬場に行けない、そういう状況だからこそ、国内のレースにトップホースたちが集まったのはよかったです。牡馬も牝馬も同時に無敗の3冠馬が誕生したり、アーモンドアイも史上初の芝GⅠ9勝を達成したり、「史上初」がこんなに起こる年はもうないと思います。いろんな意味でも忘れることのできない伝説的な一年でした。

【デイリースポーツ・津田麻莉奈】最後にJRAの競馬場へ行ったのがフェブラリーSの日で…。まさかこんなに長い間無観客だとは思いませんでした。いつもは現地でみんなワイワイ楽しんでいたので、一人で馬券を買うのがさみしかったんですが、グリーンチャンネルさんでダービーの時にやった「オンライン競馬パーティ」が想像を絶するくらい楽しくて…。なかなかない競馬の楽しみ方を知りました。3冠が懸かったレースでの陣営、ジョッキーのプレッシャーはどんなんやろ~と思ったりもします。乗り越えた福永騎手、松山騎手は本当にすごいと思います。こういう年に3冠馬が出てくれたことで励まされました。今年、牝馬が活躍しましたが、やっぱり強い牝馬が本格化したときは本当に勢いがあるので、今後はそういう馬は買い続けないといけないなと思いました(笑い)。

【スポーツニッポン・ほのか】馬券の調子が良かったですね。特に春は調子が良く、GⅠは8戦5勝でした! 特に宝塚記念が印象深いです。1番人気のサートゥルナーリア(4着)を消して6番人気の本命キセキが来た(2着)レース。みんなから「キセキは絶対来ない」と言われていましたが「3度目の正直で“奇跡”を起こしてほしい」と思い、予想しました。強いといわれる馬を外して予想するので、周りからは「消しの女神」っていうニックネームもいただきました。コロナ禍になってから、競馬の見方が変わりました。前は実際に競馬場に足を運んでいたのですが、最近はテレビでかぶりつくように見ています。

【日刊スポーツ・高田秋】ジャパンCのアーモンドアイは有終の美を飾って本当に素晴らしいレースでした。3強で決まることはないかなと思っていたので馬券は当たっていませんが、私の中では一番いい結果でした。今年はアーモンドアイ以外にもグランアレグリアやラッキーライラック、クロノジェネシスが牡馬相手にGⅠを勝ちました。去年の有馬記念のリスグラシューもそうでしたが、大勢の牡馬に交じって出走した牝馬が勝っちゃうって、すごく格好いい。女が男を負かすって、競馬界では普通にあり得るので、なんかスカッとしますね。秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋と3週連続で歴史的な瞬間が訪れ、そんな年にキャスターとして競馬に携われたことがすごくうれしい。デアリングタクトもコントレイルも3冠を取ると思っていました。競馬界にとっても皆さんにとっても、オーーッていう年だったと思います。


【東京中日スポーツ・神部美咲】1年目に、こんなに史上初が何週も続く年に競馬を始められたっていうのは、ある意味持っているなって思っています。大好きなデアリングタクトの初めての負けを見届けられたのも、すごくうれしいし光栄です。コントレイルも同時期に無敗の3冠馬で、もちろんすごい馬だと思う。振り返ると今年は牝馬の年でした。「女の土壇場の力は強いんだぞ」ってずっと言っていて、自分も負けずに頑張りたいなと感じました。


<たかだ・しゅう>
★好きな馬 リスグラシュー、クローヴィス
★予想スタイル 軸1頭か2頭決めて、3連複か3連単で4頭ぐらいに流します

<つだ・まりな>
★好きな馬 トゥザグローリーとその一族と子供を応援
★予想スタイル データ派

<よこやま・るりか>
★好きな馬 サトノダイヤモンド、サトノレイナス、ソダシ
★予想スタイル 3連単軸2頭マルチか3連複のフォーメーションで予想します

<ほのか>
★好きな馬 メロディーレーン
★予想スタイル ノートを活用し、「上がりタイムの速い馬が好走する傾向にある」などデータを参考にしています

<じんぶ・みさき>
★好きな馬 ラッキーライラック、デアリングタクト
★予想スタイル 3連単フォーメーション。基本は馬主義。迷ったときはジョッキーです

<おおの・いと>
★好きな馬 ウオッカ
★予想スタイル 基本は単勝(複勝も)

<いなとみ・なほ>
★好きな馬 レッツゴードンキ、ルーラーシップ、オルフェーヴル
★予想スタイル 特にこれ!というのはないのですが、幅広く勉強するのみです!

※取材は12月18日までに行われました

【関連記事】