【JRA】芝とダートのマイルGIを制したモズアスコットが〝厩舎引退式〟

2020年12月10日 19時24分

お別れは矢作調教師がファンサービス!?

 芝とダートの二刀流で活躍し、先週のGⅠチャンピオンズC(5着)がラストランとなったモズアスコット(牡6・矢作)の〝厩舎引退式〟が10日、栗東トレセンの矢作厩舎で行われた。

 矢作調教師ら厩舎スタッフが勢揃いし、ニンジンで作られたお手製の〝優勝レイ〟を掛けられると馬房から登場。堂々たる立ち振る舞いで記念撮影を行い、GⅠ・2勝馬の労をねぎらった。

「連闘での安田記念、ダートへの挑戦…調教師として気持ちのいい思いをさせてもらった馬でした。マイルでスピードを見せているのは大きいですし、種牡馬としての成功を確信しています」と矢作調教師はお別れの挨拶をした。

 今後は北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬入りする。