【JC】コントレイルが初めて味わった敗戦 福永「非常に残念だけど、アーモンドアイは強かった」

2020年11月30日 11時40分

世紀の一戦はアーモンドアイ(中央)がコントレイル(左)、デアリングタクト(右端)の後輩3冠馬を完封した

 アーモンドアイが有終Vを飾った第40回ジャパンカップ(29日=東京芝2400メートル)。これに迫ったのはやはり後輩の3冠馬2頭=コントレイル&デアリングタクトだった。初めて土がついた2頭だが、そのレースぶりは「暗」ではなく「明」。アーモンドアイ不在の次世代を背負っていく覚悟を見せた走りに、確かな競馬界の将来が見えた。

 1馬身1/4差の2着。コントレイルの才能を持ってしても現役最強馬の壁を破ることはできなかった。

「前が飛ばしていたので先団を見る形で、脚をためながらプレッシャーのないところを走れた。道中はリラックスして、最後の直線もいい感じで脚を使っている。ただ、最後は内にモタれてしまった。レースがバテ合いのような形になったので、苦しくなってしまったね。非常に残念だけど、アーモンドアイは強かったよ」

 初めての敗戦をこう振り返った福永。キセキが刻んだラップは1000メートル通過57秒9の激流、さらに2000メートル通過も1分57秒5と緩まなかった。むろん、離れた2番手以降は平均ペースだろうが、こうした〝荒れた展開〟はキャリア8戦の中で初めて。ゴール間際で走りが乱れたのは、年長馬との対戦以上に未体験だった流れが影響したのだろう。

 矢作調教師も「条件はみんな同じだから」と前置きしたうえで「大逃げで難しいレースになったのは確か。コントレイルが得意とする瞬発力勝負にはならなかったから」と敗因をペースに求めた。

 デビューから続いていた連勝は「7」でストップ。とはいえ2着は死守した。先輩の3冠馬には完敗も、同期のデアリングタクトの追撃はクビ差でしのぎ、牡馬の意地を見せた。

「今日は負けたけど、肩の荷が下りた。負けていないというプレッシャーは正直、かなりきつかった。来年はこの馬の本当のベスト条件である2000メートル前後のGⅠが目標になると思う。そのためにも冬の休養でもう一段階上がっていければ」(矢作調教師)

 最強馬のバトンはアーモンドアイからコントレイルへと託された。父ディープインパクトが3歳時の有馬記念=2着敗戦をバネにステップアップしたように、最良の後継馬もまた、同じ軌跡をたどるに違いない。

【関連記事】