万感9冠・アーモンドアイ 受け継がれる最強の血

2020年11月30日 11時30分

有終の美を飾ったアーモンドアイに夕日が降り注ぎ、その馬体が黄金色にきらめいた

 史上初となる3冠馬3頭による世紀の一戦、第40回ジャパンカップ(29日=東京芝2400メートル)は最強馬アーモンドアイが快勝。芝GⅠ勝利記録を「9」に伸ばし、無敗で挑んできた3冠馬2頭を完封して有終の美を飾った。最後まで輝き続けた女王の最後のレースを振り返るとともに、母として歩む次のステージでの活躍を今から期待せずにはいられない。
 
 ウェイトゥパリスが異国の地でゲート入りを嫌がり、波乱の結末も脳裏をよぎったが、終わってみれば5着までを5番人気内の馬で占めて3冠馬3頭が人気通りにゴール。それでも、レースはアーモンドアイの強さが際立つ結果となった。

「(今秋の)天皇賞の時からゲートの不安がなくなった」と語った国枝調教師の言葉を裏付けるように、抜群のスタートを決めると3強の中で最も前の位置でレースを進める。キセキが1000メートル通過57秒9というハイペースで後続を引き離し、隊列がバラけたことで、ルメールは「前に馬がいなかったから、1、2コーナーで行きたがったけど、川田さん(グローリーヴェイズ)が前に行ってくれてリラックスできた」と振り返り、その後はしっかりと折り合う。4角で先頭と10馬身以上開いていた差を直線ではみるみる詰めていく。一気に抜け出したところにコントレイルが迫ったが、ルメールは「手前の替え方や息が入ったか、など観察していたからね。後ろの馬の足音は聞こえなかった」と余裕を感じていた。

 最後まで詰め寄られることなくゴール板を軽快に駆け抜ける。鞍上に前走の天皇賞時に見せた涙はなく、あるのは満面の笑み。天皇賞から中3週というローテで反動も不安視されたが、それをみじんも感じさせない完勝。ルメールは「安田記念(2着)の時はエキサイトしてテンションが上がっていたけど、今回はもう1週あったことで、天皇賞の時よりも追い切りでリラックスしていたし、コンディションが上がっていた」と心身両面での充実ぶりを実感。さらに「彼女のように2歳からずっとトップで居続ける牝馬は本当に珍しい。今のアーモンドアイはスタートのスピードがあって、道中でも我慢利いて、最後に脚が使えるパーフェクトホース。大人になって今日がピークです」と最大の賛辞を贈った。

 国枝調教師も「直線の手応えが天皇賞時とは違ってエネルギーをためられていた。キュウ舎や競馬場に来てからも泰然自若でメンタルが大人になった」と言葉を惜しまない。

 その2人がともに「無事にレースを終えられてホッとした」と安堵の表情で語ったのは、彼女にはこれから競走馬としてではなく、母として次のステージが待っているから。生産者であるノーザンファームの吉田勝己代表は「さすがにレース前は緊張したけど、いいスタートを切れたのでホッとしました。5歳の牝馬でこれだけ走れるのは大したもの。初年度(の種付け)はエピファネイアを考えています」と母としての展望を語った。国枝調教師は「できれば無事に産んだ子供を任せていただければうれしい」と語れば、ルメールも「いい子供だろうし、また乗ることができる」と母としてのアーモンドアイにも期待を寄せる。

 これだけのパーフェクトホースを超える馬が現れるとすれば、それは彼女の遺伝子を受け継ぐ子供しかいないかもしれない。そしてその子供とともに国枝調教師とルメールが再びタッグを組み、大舞台に立つ姿が今から待ち遠しい。