【JC】SKE熊崎晴香 ファン命名のクレッシェンドラヴを熱烈応援「親近感あります」

2020年11月28日 16時39分

クレッシェンドラヴのぬいぐるみを持って応援する熊崎晴香

 アイドルグループ「SKE48」の熊崎晴香(23)がジャパンカップ(29日=東京競馬場)でGⅠレースに初挑戦するクレッシェンドラヴ(牡6、林)を〝熱烈応援〟だ。

 この馬の命名者がSKEファンということがメンバーの間でも話題になっており「すごく親近感があります。GⅠに出るだけでもたいへんなこと。頑張ってほしいです」と熱いエールを送った。

 音楽用語で〝だんだん強く〟を表すクレッシェンドと母名(ハイアーラヴ)の一部が由来となっているクレッシェンドラヴの馬名は出資者が応募したものの中から選ばれている。実は名付け親となった人物はSKEファンで熊崎の握手会にも来たことがあるという。

「昨年、握手会でその方にクレッシェンドラヴのことを教えてもらってビックリしました。『ラブ・クレッシェンド』(熊崎や松井珠理奈、江籠裕奈、菅原茉椰らで構成されるSKEの派生ユニット)にも名前が似ているので運命を感じてうれしくなりましたね。福島記念、七夕賞と重賞で2勝するなどどんどん強くなっている。谷真理佳さんや菅原茉椰ちゃんも〝すごいね〟って言ってます」

 アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3冠馬3強を差しおいてSKE内では〝1番人気〟を集めているという。

 熊崎は東京スポーツ本紙で連載中の競馬予想コラム「ハルカ 伸るか!反るか!」でクレッシェンドラヴに△印を打った。

「3冠馬の3頭をはじめ有力馬が集まったジャパンカップに出走するだけでもすごいこと。ここで結果を残したらヒーローじゃないですか。馬券内に来てくれたらいいですね。そして何より無事にケガなく走ってほしいです」

 日本中が注目する大舞台でクレッシェンドラヴの大駆けに期待している。