【マイルCS】柏木「見ているほうはヒヤッとしましたが、それでもルメールは慌ててなかったですから」

2020年11月24日 11時15分

GI・3連勝を決めたグランアレグリア(中央)

【渡辺薫&柏木集保「私たちはこう見た」・マイルCS】

 渡辺 一番強い馬が当たり前に勝った。それが率直な感想だな(笑い)。

 柏木 そうですね。有力どころは揃って素晴らしい仕上がりに映りました。その中であの勝ち方ですからね。

 渡辺 しっかりいい位置で折り合って運んで、直線で前にいた2、3着馬をかわすだけという競馬。グランアレグリアの最後の瞬発力には脱帽するしかないよな。

 柏木 直線では前が壁になって見ているほうはヒヤッとしましたが、それでも鞍上は慌ててなかったですからね。

 渡辺 あれも結果的に(脚をためる)いいワンクッションになったんだろうな。

 柏木 マイルCSは最近は1番人気が勝てないGⅠでしたが、こういう(絶対的な)馬がいなかっただけ。しかもまだ4歳です。今後はアーモンドアイに代わるナンバーワンホースとして注目できますね。

 渡辺 2、3着も順当に人気どころが入った。

 柏木 前後半4ハロンが46秒9―45秒1。サリオス以外の有力馬はみんないい位置にいたし、比較的落ち着いた流れの中で波乱の起きないレース運びでしたから。

 渡辺 2着インディチャンプも底力通り。休み明けでも、きっちりと仕上がっていたしな。

 柏木 今まで休み明けはイマイチな結果が多かったけど、ここ目標に好仕上がりでした。

 渡辺 3着アドマイヤマーズは番手から抜け出すイメージで大いに期待していた。競馬自体はその通りにうまくいったんだが、最後は地力の差が出たかな。

 柏木 それほど切れるタイプではないのでしょう。落ち着いた流れになったのも痛かったですね。

 渡辺 4着に人気薄のスカーレットカラーが食い込んだとはいえ、以下はサリオス、ヴァンドギャルド、ペルシアンナイト、レシステンシア…比較的力通りの決着になった。

 柏木 サリオスはデキは素晴らしかったんですけどね。

 渡辺 もう少し積極的に(前を)マークしていってほしかったな。最後はいい脚を使っているだけにもったいなかった。

 柏木 慎重過ぎたという感じですね。レシステンシアは馬場を考えると、この馬としては〝ため逃げ〟。結果的にはおとなしく逃げ過ぎたということかも。

 渡辺 そうだな。

 柏木 2頭ともまだ3歳で巻き返す余地はあるし、全体的にも若いグループが上位を占めました。そういう点でも来年以降に向けていいレースではありましたね。