【福島記念】池添が史上6人目のJRA全10場重賞制覇「数少ない人しか達成できていないので意識して乗りに来ました」

2020年11月16日 11時30分

インで脚をためた池添=バイオスパーク(奥)は絶妙のタイミングで抜け出した

 秋の福島開催フィナーレを飾ったGⅢ福島記念(15日=福島芝2000メートル)は、中団で脚をためた2番人気のバイオスパーク(牡5・浜田)が直線で抜け出してクビ差V。重賞初制覇となった。鞍上の池添謙一(41=栗東・フリー)は安田富男、武豊、藤田伸二、横山典弘、秋山真一郎に続く史上6人目のJRA全10場重賞制覇を達成した。

 GⅠエリザベス女王杯の裏開催だった福島で、これまでにオルフェーヴル(自身の手綱でGⅠ6勝)やスイープトウショウ(同3勝)といった数々の名馬の主戦を務めてきた男が節目の記録に到達した。くしくもバイオスパークはそのオルフェーヴル産駒でもある。

「数少ない人しか達成できていないので、それを意識して乗りに来ました。うれしく思います」と池添。一昨年のGⅢ新潟記念をブラストワンピースで制し、リーチをかけてから2年強。エスポワールでチャレンジした今春のGⅢ福島牝馬Sは1番人気で12着に敗れたものの、秋は見事に結果を出した。

 バイオスパークとは17年の2歳未勝利戦(2着)以来の騎乗。中団でじっくりと脚をためて末脚に生かした。

「リズム良く運ぶことを頭の中に入れて、いい形で我慢することができた。もともと折り合いは大丈夫な馬。仕掛けどころを間違えないようにと思っていたが、前が引っ張ってくれる流れだったからね。少し窮屈になるシーンはあったが、うまくクリアしてしっかり伸びてくれた」と自身も納得の騎乗で先頭ゴールに飛び込んだ。

 浜田調教師は「(池添のJRA通算)1000勝もうちの馬(サンライズメジャー=16年タンザナイトS)だったので縁がありますね。やっぱり勝負強い男です。バイオスパークは放牧から帰ってすごくいい状態になっていました。前走(京都大賞典9着)が得意の京都であんな負け方をしたので、今後について長い距離は考えていません」と話した。