柴田善が騎乗3連勝! 福島記念で〝岡部超え〟最年長重賞勝ち目指す

2020年11月14日 15時33分

絶好調の柴田善

 14日の福島10R・三春駒特別(3歳以上1勝クラス=芝1800メートル)で、柴田善(54=美浦・フリー)騎乗のフォワードアゲン(騙3・中野)が1着となり、同騎手は6R(ピースディオン)、9R(モエレコネクター)に続く騎乗機会3連勝となった。

 明日のGⅢ福島記念(15日=芝2000メートル)ではデンコウアンジュ(牝7・荒川)に騎乗予定。勝てば02年GⅡステイヤーズS(ホットシークレット)で岡部幸雄元騎手が記録した54歳0か月を抜く、JRA史上最年長重賞勝ちとなる。

「(10Rのフォワードアゲンは)使い詰めでストレスがたまっていたのか、ゲート入りがもうひとつ。でも競馬での動きは悪くなかったから、この後休養で精神面をリセットして、プラス体重で戻ってくれば先々が楽しみになる。プラス20キロくらい(に増えても)でもいいんじゃないかな。3連勝? たまたまですよ。2000いくつも勝っているから、そんな時もある」と柴田善。この勝利でJRA通算2293勝としたJRA最年長騎手が、みちのくの地で存在感を示した。