【東京9R】オキザリス賞はバクシンが差し切りV 父管理馬で勝利の斎藤「精神的に成長」

2020年11月14日 15時15分

バクシン

 東京競馬場で14日行われたオキザリス賞(2歳1勝クラス、東京ダ1400メートル)は、バクシン(牡・斎藤誠)が好位からの差し切りで未勝利からの連勝を決めた。勝ち時計は1分24秒7(良)。

 父親の管理馬で勝利した斎藤は「精神的にも成長して落ち着きが出ている。最後は物見するシーンもあったし、着差以上に強い内容」と高評価。今後は12月16日のGⅠ全日本2歳(川崎ダ1600メートル)も視野に調整され、「千六までは大丈夫」と斎藤誠師は見通しを語った。