ハードル王者オジュウチョウサンが石神を背にコンタクト「かなり元気でパワフルですね」

2020年10月29日 11時49分

オジュウチョウサンの背中にまたがり好感触を得た石神

 8月1日の新潟競馬で落馬負傷し、戦線離脱していた石神深一(38=フリー)が29日、障害王者オジュウチョウサンに騎乗して自ら感触を確かめた。

 追い切り翌日となるこの日は、北馬場でキャンターや障害・ゲートなどの確認など軽い運動を消化。復帰後の調教初騎乗でオジュウと久々にコンタクトをとった石神は「かなり元気でパワフルですね」と相変わらずのパワーに苦笑い。

 当初予定していた復帰戦(東京ハイジャンプ)を主戦の戦列復帰に合わせて11月14日の京都ジャンプSへと延期した背景もあり、「(復帰まで)順調に進まず思ったより時間がかかった。それでも陣営が〝オジュウの復帰戦は僕でいきたい〟と言ってくれたのでうれしかった」と陣営への感謝の言葉も。歴史的ハードル王とのコンビが空前絶後の記録をまだまだ伸ばしていきそうだ。