【ルミエールAD】ヒロイックアゲン逃げ切り勝ち 荻野極「まだ良くなりそうです」

2020年10月25日 16時15分

 25日、日曜新潟メインのルミエールオータムD(3歳上リステッド、芝直1000メートル)は、大外枠からハナを奪った2番人気のヒロイックアゲン(牝6・加藤和)が、後続を寄せ付けず2馬身差で逃げ切り、3勝クラスからの格上挑戦で見事にオープン勝ちを飾った。時計は55秒7。

 3走連続2着と惜敗続きのうっ憤を晴らすような快勝劇に鞍上の荻野極は「今日はいい枠を取れたし、楽に先行できました。切れる脚がないので、小出しに(脚を)使いながらゴールまで頑張ってくれた。まだ良くなりそうです」とパートナーの快走をたたえた。

 次走は未定だが、6歳秋を迎え、まだ成長を続ける熟女が重賞戦線も盛り上げてくれそうだ。

【関連記事】