【天皇賞・秋1週前追い】アーモンドアイ馬なり再先着 ルメール絶賛「すごくいい脚を使ってくれました」

2020年10月21日 16時57分

好時計でサトノフラッグ(中)に先着したアーモンドアイ(右)

【天皇賞・秋(11月1日=日曜、東京芝2000メートル)1週前追い切り:美浦】21日朝は、次週の天皇賞・秋の1週前追い切りも行われた。史上初の芝GⅠ・8勝にリーチをかけているアーモンドアイは、美浦南ウッドで3頭併せ。5ハロンから僚馬ロジスカーレット→サトノフラッグの隊列を離れた最後方から進み、4角で内から並びかけた。鞍上ルメールからゴーサインが出ると、ストライドを伸ばして瞬時に半馬身前へ。馬なりで最先着を果たし、順調な仕上がりをアピールした(63・9―49・7―35・7―12・1秒)。

「反応も良かったし、すごくいい脚を使ってくれました。止め際も疲れていなかったし、呼吸も良かった。いつも通りのアーモンドアイです」と手綱を取った主戦は満足げ。見守った国枝調教師も「少し体が立派かなと思ったが、ルメさんが“すごくいい”と言うので俺も幸せになっちゃった。勝った昨年と同じようにきているし、GⅠ・8勝目をクリアしたい」と期待を寄せた。