【サフラン賞】サトノレイナスはアーモンドアイに代わる国枝厩舎のエースになるか

2020年10月01日 17時15分

アーモンドアイに代わる厩舎の看板馬として期待されるサトノレイナス

【サフラン賞(日曜=4日、中山芝外1600メートル)美浦トレセン発秘話】今週から秋のGⅠ戦線がスタートするが、少々寂しいのはスプリンターズS出走馬がわずか2頭という関東のラインアップ。むろん、グランアレグリアという主役はいる。ただ、過去5年で3勝&2着1回3着2回と唯一優勢を誇った部門がスプリント路線だったことを思うと、こちらも西に押されてきた印象は拭えまい。函館2歳Sを制したリンゴアメが今週美浦に帰厩する予定(次走は京王杯2歳Sか、ファンタジーS)だが、美浦がもう少し盛り上がるためにも大きく育ってくれることを願いたい。

 さて、成長を期待する若駒という点で、今週日曜(4日)中山のサフラン賞(2歳1勝クラス、牝馬限定)に出走するサトノレイナスも注目の一頭だ。今年の弥生賞を制したサトノフラッグの全妹に当たるディープ産駒。周囲の大きな期待の割に0秒1差の辛勝となった初陣(東京芝1600メートル)を、管理する国枝調教師はこう振り返る。

「スローペースでもしっかり折り合ったけど、追われてふらついたり心身にまだ幼さを見せた。勝ったから良しとしたいけど、そのあたりが変わればパフォーマンスも上がってくると思うんだけどね」

 もっとも半姉バラダガールの初Vは3戦目。サトノフラッグさえ初陣は1秒5差6着と精彩を欠いた通り、本質が叩き良化の一族。それを踏まえれば、いかにしょっぱかろうと勝利した意義は確かに大きいはずである。

 一方で「跳びの大きな馬で本来は広いコース、長めの距離が良さそうだけど…」との国枝調教師の弁から中山マイルは少々分が悪そうに映るが、異を唱える番頭格の鈴木勝美助手の声も拝聴に値しよう。

「確かに初戦もアッサリ勝てれば良かったけど、放牧を挟んで当時より芯が入ったし、前向きな一方で我慢すべきところは我慢できている。この時季にあまり張り切りすぎても良くないけど、ポンポンと行ってくれなきゃ困る器。まだ上のギアがあるはずだし、2戦目で変わってくれるんじゃないのかな」

 陣営から求められるのは、美浦を引っ張るエース格への成長。さらには今季引退が決定的なアーモンドアイに代わる厩舎の看板ホースへの飛躍。ターニングポイントとなり得る一戦に注目して損はないはずだ。