【JRA】日本騎手クラブ コロナ対策に500万円を寄付

2020年09月11日 15時21分

武豊会長

 武豊騎手が会長を務める日本騎手クラブは11日、各騎手が6月6日以降のJRAのレースで1回騎乗するごとに積み立てた基金の一部(500万円)を、東京都福祉保険局の「守ろう東京・新型コロナ対策医療支援寄附金」および、京都大学医学部附属病院の「高度先端医療と感染症対策の両立で、コロナ禍でも多くの命を守る」プロジェクトに寄付すると発表した。

 なお、基金の積み立ては今後も当面の間継続し、次回以降の支援先については改めて騎手クラブで決定する。