【JRA】〝熊本の星〟ヨカヨカが無傷の3連勝でひまわり賞を快勝

2020年08月29日 15時21分

9R・ひまわり賞 1着2番ヨカヨカと福永祐一騎手

 29日の小倉競馬9Rで行われた九州産馬限定の2歳オープン競走「ひまわり賞」(芝1200㍍)を、熊本産の断然1番人気ヨカヨカ(牝・谷)が馬なりのまま楽勝。他馬より重い57㌔をものともしない走りで無傷の3連勝を決めた。勝ち時計は1分09秒2。

 手綱を取った福永は「競馬の形は決めていなかったけど、あまりにも楽だったので行かせた。斤量のことを考え、少しでも負担のないようにと馬場のいいところを選んで走ってきた」と話す。

 これで収得賞金が1500万円となり、来春のクラシック・桜花賞への出走権利はほぼ獲得した形。来週9月6日のGⅢ小倉2歳Sには向かわず、放牧へ出ることになりそうだ。

 同馬は一般馬相手の新馬戦(6月13日=阪神)を、九州産馬として3年ぶりに快勝。続くフェニックス賞では熊本産馬として初めて(1984年グレード制導入以降)、一般馬相手の平地オープンを勝利するなど、九州産の枠に当てはまらない活躍を見せている。

 コミカルな馬名ととともに注目を集めており、生産者の本田土寿さんのもとには、地元のテレビ局が取材に訪れるほどの人気を博している。