ティーハーフ乗馬に 2015年にGⅢ函館スプリントSを制す

2020年08月12日 12時40分

2015年にGⅢ函館SSを制した

 2015年のGⅢ函館スプリントSを制したティーハーフ(牡10・西浦)が12日付で競走馬登録を抹消された。今後は乗馬となる予定だが、けい養先は未定。

 父ストーミングホーム、母ビールジャント(父グリーンデザート)の血統。JRAでの通算成績は51戦7勝(重賞1勝)。同世代には種牡馬として活躍中のエピファネイアやラブリーデイがいる。

 同馬は6月21日の函館スプリントSで8着に敗れており、これが現役最後のレースとなった。